Homeイベント情報 > 2019年度[親子]かわさき森のようちえん ★第3回活動報告アップ★

イベント情報

イベント情報

イベント情報

2019年度[親子]かわさき森のようちえん ★第3回活動報告アップ★

第3回 親子かわさき森のようちえん


梅雨の晴れ間の青空の下、4人のお友だちと3人の保護者の方にお集まりいただきました。

DSCF4243.JPGDSCF3024.JPGDSCF3023.JPG


ヤマモモのトンネルを抜けた先にある園庭で、まずは探索です。

もうすぐ時期を終えるたんぽぽの綿毛を吹いてみたり、蟻の大きな巣を覗いてみたり。
そして見つけた垣根。その下に広がる世界はなんだろう?「せーの」でひっくり返してみました。

すると...

たくさんのダンゴムシやゾウリムシに混じって、ナメクジや名前の分からない幼虫たちの世界が広がっていました!

DSCF3033.JPGDSCF3034.JPGDSCF3040.JPG

続いて今日は、アイテムが。虫かごと虫網です。最強アイテムを手に探検に繰り出し、見つけたのは...

ショウリョウバッタ、ツチイナゴ(と思われる)バッタの仲間たち。そこにダンゴムシや少しの間だけシジミチョウを捕獲。

虫かごいっぱいに、青少年の家の森が広がりました。

DSCF3029.JPGDSCF3027.JPGDSCF3035.JPGDSCF4267.JPGDSCF4266.JPG


そして、今年度入ってからずっと遊んでいる、水遊び。バケツの他に、今日はジョーロも登場。

やがて始まったのは、「これは水に浮くかな?実験」です。拾い集めた様々な木の実(ウメ、マツボックリ、ムクロジなど)を入れたり、葉っぱや木の皮を入れてみたり。同じ実でも浮くもの、浮かないものがあったり。そんな「不思議」を実体験を通して知っていくのでした。

最後は捕獲した虫たちも、森に返します。「なぜ返すのか?」ーそれを知ってもらうことが大切です。

「虫たちもお家に帰るんだよ」ーその一言を添えて、子ども達と一緒に、虫たちに感謝して放ちました。

ただ「やる」という行為だけではなく、その行為にはどういう意味があるのか、たとえ2歳の子どもたちでも、しっかり伝えていきたいですね。

次回は7月3日(水)です。その後は間が空いてしまうので、夏前の最終日、思いっきり楽しみましょう!

担当:坂口(ねぷた)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


第2回 親子かわさき森のようちえん



今日も穏やかな天候の中、親子の森のようちえんを開催しました。

DSCF4127.JPGDSCF4126.JPG
スタート早々に、駆け足で園庭に向かったお友だち。「泥んこ遊び」をする予定で来てくれたようです。

そんな矢先に見つけたのは、バッタ。小さな小さなショウリョウバッタ。よく見つけたなぁというくらい小さなバッタ。

それをよーくよーく観察するお友だち。その集中力がたまらなく可愛いです。

DSCF4142.JPGDSCF4128.JPG


続いて見つけたのは、たんぽぽの綿毛。ふーふー一生懸命吹いて飛ばしています。

また、今日はチョウも飛んでいました。モンシロチョウとアゲハチョウです。

そうだ、つかまえて、観察してみよう!と思い、網を取り出しました。

すると不思議とチョウたちの姿が消えてしまったんです。チョウたちはわかるんですね。驚きました。

今日の生き物トピックは、もう一つ。
葉っぱをめくると、たくさんのワラジムシとダンゴムシが!これにはちょっと引き気味な子ども達でした。


DSCF4137.JPGDSCF4154.JPGDSCF4146.JPGDSCF4158.JPG


やがて始まったのは、泥んこ遊び!今日は前回よりも発展し、お団子づくりはもちろんのこと、葉っぱをさしてウサギに見立てたり、

お飾りをして、ケーキにしてみたり。ばちゃばちゃも楽しいですが、穴の開いたバケツで水を運ぶのも、これまた楽しい!

最後はしっかりお片付けもしてくれたみんな。

少しずつ森のようちえんにも慣れてきた様子。
次回は、6月19日。1週空いてしまいますが、また元気なみんなに会えることを楽しみにしています。

担当 坂口(ねぷた)


∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

第1回 親子かわさき森のようちえん


今年度もはじまりました、「親子かわさき森のようちえん」。雨が心配されましたが、朝には止み、絶好の「森のようちえん」日和となりました。

DSCF3731.JPG

「この園庭には、何があるかな?」そのきっかけになれば、と思い、「自然発見ビンゴカード」を手に色々探してみます。

DSCF3744.JPGDSCF3742.JPG

最初のうちは緊張と不安で、おうちの人の影にいた子も、だんだんと馴染んでいきました。

やがて他のお友だちやおうちの人とコミュニケーションが取れるようになっていきます。

DSCF3741.JPG

ヘビイチゴやびわの実を見つけたり、小さなお花や木の実をみつけたり。

木の樹液は触るまでに少し時間がかかりました。ぷにぷに?ベタベタ?また今度触ってみよう!

また、今の時期はダンゴムシやワラジムシがたくさん!一見見分けの付きづらい両者ですが、よーく見ると、違いに気づけます。

DSCF3747.JPGDSCF3745.JPG

ひと通り探検が終わったら、今度は焚き火をしてみたくなりました。はじめてのマッチ。はじめての炎。ちょっと怖かったかな?

DSCF3758.JPGDSCF3755.JPGDSCF3754.JPG

さて、今度は...バケツで水運びです。暑くなってきたし、ちょうど長靴を履いているお友だちもいるし、泥遊びをしよう!

子ども達は、自らバケツ運びの重労働を買って出てくれました。

DSCF3761.JPGDSCF3750.JPGDSCF3760.JPGDSCF3749.JPG

穴の開いたバケツから水が出る様子は面白く、また、ぺちゃぺちゃ棒でたたいて泥を飛ばすのも楽しい。

遊ぶことにエンジンがかかってきたところで、今日はおしまい。

「もう少し遊びたかったな」というくらいがちょうどいい半日でした。

「気づきと築き」「想像力と創造力」をキーワードに展開していく「かわさき森のようちえん」。

同時に、「見守るスタンス」と「子どもたちのペース」を大切にし、安全管理だけは大人のお仕事としてやっていけたらと思っています。

第1期はあと3回。

7月2日からは第2期の募集がスタートします。

皆さまのご参加、心よりお待ちしています!

今日はありがとうございました。